プラス事務所博多オフィスの重信吉孝です

はじめまして!HMM_9463

福岡県福岡市博多区で司法書士業務をしております、プラス事務所博多オフィスの所長の重信吉孝(しげのぶよしたか)と申します。

1983年(昭和58年)4月生まれ、ちょうど東京ディズニーランドがオープンする約10日前、ファミリーコンピュータが発売される3カ月前に、鹿児島県霧島市(旧国分市)で生まれました。

鹿児島市で28年間生活していましたが、2011年の10月に司法書士試験に合格し、九州最大手のプラス事務所への入所を機に福岡へ参りました。

 

なぜ司法書士を目指したのか

私が司法書士を目指したのきっかけは大学2年生の時です。

 

大学では経済学を専攻していました。

たまたま履修した一般教養の【暮らしの法律】を題材にした講義を受講したことがきっかけです。

この講義で、法律を知らないことによって「払う必要のないお金を払ってしまう、借金を背負わされる、悪徳業者にだまされる」といったのトラブルに巻き込まる事例が多く、そして誰にも相談もできずに泣き寝入りしてしまう人が多いという事を初めて知りました。

「自分は絶対にだまされたくない、法律は自分を守る武器だ、自分の身は自分で守らなきゃ!」と思った事が法律に興味を持ったきっかけでした。

 

法律なんて自分には関係ない・・・。と思っている方も多いかもしれませんが、例えば、一日の何気ないワンシーンを切り取ってみても、

『仕事帰りに(雇用契約)、ローン(消費貸借契約)で買ったマイカーでコンビニへ買い物(売買契約)に立ち寄り、夕飯の準備をしている妻(婚姻)がいるアパート(賃貸借契約)へ帰る』

というように、私たちのまわりには法律だらけなのです。

そんな中で、法律の資格について調べたことろ、司法書士は市民に身近なくらしの法律家、町の法律家であるということを知り、司法書士を目指しました。

 

 

もっと身近な専門家でありたい

残念ながら、司法書士はまだまだ皆様になじみも薄く認知されておりません。HMM_9486

弁護士は裁判、税理士は税金、社会保険労務士は年金や雇用関係、では司法書士はどんなことをしてくれるのかと尋ねてもパッと思い浮かぶ方の方が少ないと思います。

我々司法書士のような士業はサービス業です。

資格者のための資格があるのではなく、お客様のご要望・ニーズがあり、それに対してしっかり応えられるからこそ存在意義があるのです。

そしてそのご要望にお応えできるようになるためには、私たちの事をもっとよく知っていただき、そしてもっと身近な存在になれるように努めなければなりません。

 

プラス事務所は、どうすればもっとお客様のご要望やニーズにお応えすることができるのか、お客様の期待を超えるサービスを提供できるかを一生懸命に考え、日々勉強し、努力して参ります。

そして『困ったことがあったらプラス事務所に相談してみよう』と、まず一番に思っていただける司法書士事務所を目指します。

 

プロフィール

  • 出身:鹿児島県
  • 生年月日:1983年4月6日
  • 血液型:O型
  • 趣味:読書

経歴

  • 鹿児島大学法文学部卒業
  • 2011年司法書士試験合格
  • 2012年法務大臣認定司法書士試験合格

 

■ホームページ運営事務所概要

名  称 プラス事務所司法書士法人 
司法書士

代表司法書士 宮﨑寛司(福岡オフィス)

(福岡県司法書士会所属 登録番号1499号/簡裁代理認定番号第701037号)

重信吉孝(ホームページ管理人:博多オフィス)

(福岡県司法書士会所属 登録番号1595号/簡裁代理認定番号第1129007号)

 

住  所

(福岡オフィス:主たる事務所)福岡市中央区天神二丁目14番8号                                                福岡天神センタービル3階

(博多オフィス:従たる事務所)福岡市博多区博多駅中央街8番27号                                            第16岡部ビル10階

電話番号

(博多オフィス)

(092)461-7750
営業時間   (博多オフィス) 午前9時~午後6時(土日祝を除く。)(事前にご予約を頂ければ、午後6時以降や土日のご相談も承ります。)