2017年がスタートして、もう直ぐで3カ月が経ちます。

 

「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と言われるようにこの「3カ月」はあっという間に過ぎると感じる方も多いのではないでしょうか?

 

medium_large

 

もし相続することになった場合に相続放棄できる申立期限も、

(原則)自分が相続人であることを知った日から3カ月」です。

 

 

日数にしてみれば3カ月は短くないかもしれません。

しかし、実際に相続問題が自分の身に起きた場合、この3カ月は想像以上に早く過ぎるのではないでしょうか?

 

 

亡くなってからしなければならない手続きがたくさんある上に、相続に関しては分からないこともたくさん出てくると思います。

 

 

まずは葬儀を無事に終わらせ、そして四十九日法要。四十九日が過ぎた頃ようやく落ち着いて、「相続」を考え始めるかもしれません。

49日。相続放棄の申立期限の「3カ月」を考えると、この時点ですでに半分が過ぎてしまっています。

 

 

 

相続放棄をお考えの方は、まず相続財産を正確に把握し、相続放棄をするかしないかを検討した上で、期限内に申立をすることが重要です。

 

 

相続放棄についてご質問、ご相談がありましたら、プラス事務所博多オフィスにお気軽にお問い合わせください。

TEL:092-461-7750