遺産相続をする上で、まず重要なことは、相続する人はいったい誰なのか?ということです。

 

なぜなら相続を承認するも放棄するも相続人でなければ、相続問題は発生しないからです。

 

たとえば、下記の相続関係図のようにおじいさん(被相続人)が亡くなった場合に、孫は相続放棄できるのでしょうか?

medium_large

 

推定相続人になるかどうかそれぞれ見て行きましょう。

 

*推定相続人とは、もし現状で亡くなったときに、相続人になるであろうと推定される人のことです。

 

まず、

配偶者・・・・・・常に相続人になります。

次に、

長女、長男・・・・子は相続する順番が一番目(第一順位)のため相続人になります。

それから、

長女の配偶者・・・おじいさんとは血のつながりがないので相続人にはなりません。

最後に、

孫・・・・・・・・第一順位の長女が生存しているので相続人にはなりません。

 

 

配偶者は常に相続人になり、配偶者以外は血族でなければ、相続人になることができません。

また相続する順番が決められています。

 

第一順位・・・子、孫(直系卑属)

第二順位・・・父母、祖父母(直系尊属)

第三順位・・・兄弟姉妹

 

第二、第三順位にあたる人たちはそれぞれ前順位の人が生存している場合、基本的には相続人にはなりません。

 

 

結果、現状での推定相続人は配偶者、長女、長男の3名で、長女の配偶者、孫は推定相続人にはなりません。

そのため、孫に相続問題は発生せず、相続放棄もできません

 

しかし、今後、長女がおじいさんより先に死亡した場合や長女が相続欠格や相続廃除になった場合には、

代襲相続といって孫が相続人になりますので、その際は相続放棄をすることも可能です。