プラス事務所司法書士法人(以下、「当社」といいます。)は、不動産・商業・法人登記に関する受託業務において、取扱うお客様の個人情報を適切に保護することが、当社の事業活動の重要事項であり、また、社会的責務であると考えています。以下の通り、当社の「個人情報保護方針」を定め、個人情報の保護と法の遵守に努めます。

  1. 当社は、不動産・商業・法人登記に関する受託業務に伴い、取り扱う個人情報の利用目的を明確に定め、特定した利用目的の範囲内で取得、利用及び提供活動を行います。また、目的外利用を行わないよう内部規程を定め、これに従い運用致します。【個人情報の利用目的】
    ①不動産・商業・法人登記業務
    ②職員の採用及び雇用管理
    【特定個人情報の利用目的】
    ①職員の所得税法等の税務関連届出事務
    ②労働社会保険諸法令に基づく届出事務
    ③法定調書の作成事務
    ④上記に付随する行政機関への届出事務
  2. 個人情報の取扱に関する法令、国が定める指針及び関連規範、業界ガイドライン等を遵守します。また、法令等に改正があった場合は、速やかに管理規約を見直し、継続的な改善に努めます。
  3. 当社は、個人情報の取扱いの各局面における漏洩、滅失又はき損などのリスク、関連法令、国が定める指針その他の規範に対する違反、想定される経済的な不利益、社会的な信用の失墜、本人への影響などのリスクを認識、分析(評価)し、現時点で必要かつ最良の対策を講じることにより、リスクの発生防止につとめます。また万が一の問題発生に対しては、内部規程に従い、速やかに再発防止のための是正活動を実施します。
  4. 当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談、開示などの求めに応じる窓口を「PMS管理責任者」と定め、社内外に公表致します。なお、ご本人又は代理人から開示等を求められた場合は、誠実かつ迅速に対応致します。
  5. 当社は、個人情報の保護を確実にするために、点検活動や代表者によるマネジメントシステムの見直しなどを通じて判明した問題点に対して、適切な改善処置を実施し、継続的な個人情報保護マネジメントシステムの改善を行います。

2016年5月1日制定

プラス事務所司法書士法人
代表社員 宮﨑 寛司